若手社員座談会

あなたの成長を強力にサポート
社会貢献度の高い仕事で活躍しよう

「入社後、自分がどのように成長できるのか分からない…」
学生から社会人、そしてプロの技術者としてステップアップするにはどうすれば良いのでしょうか。専門職であればあるほど、社会インフラなどの大きな仕事が自分に務まるのかどうか、不安に感じることも多いと思います。
就活生の皆さんと年の近い先輩にあたる入社2年目、3年目、4年目の若手社員に、入社当時のことを振り返りながら研修や仕事内容について話してもらいました。

充実の新入社員研修は豊富なカリキュラムが魅力
ソフトウェア開発の基礎からしっかり学べる

情報系学科出身でなくても安心
手厚いサポートでプロの技術者へ

山口
私はもともと情報系学科の出身ではありませんので、入社当時は自分にソフトウェアの開発が務まるのかと不安に思っていました。しかし新入社員研修で講師の先輩方がとても分かりやすく丁寧に教えて下さったので、初めはほとんど最下位だった研修での試験成績も、徐々に上位へ。試験前は同期と一緒に勉強をするなど、助け合って取り組んだこともあり、入社当時に抱えていた不安を払拭することができました。
武部
私も入社当時は技術力的に不安があり、実力差を感じて焦る時期もありました。でも先輩が優しく教えて下さったり、自分のできる仕事から任せてもらえたり、周囲のサポートのおかげで徐々に自信がついていきました。きっと就活生の方も不安に感じている人は多いと思いますが、万全のサポート体制があるので安心して入ってきてほしいですね。
小川
研修には人間力を鍛えるためのプログラムもありましたね。私はそこで意思疎通を図るためのスキルやチームプレーの基礎を学びました。これは今でもとても役に立っている能力です。自分が知っている情報は全員が知っているわけではないということを常に念頭に置いて、スムーズな情報共有が行えるように心がけています。
山口
MCRは人を大切にする会社だということが研修制度の充実度でよく分かり、私の不安はそこで解消されました。会社のクラブで先輩方とスポーツをしたり、同期と食事へ行ったりと、人間関係がいいのも魅力の一つだと思います。

研修について

研修全般の考え方として、持てる技術を市場に活かしきるための土台部分、即ち対人折衝対話能力・交渉提案力、職務統括・統治能力等に研鑚を求め、洗練された顧客対応力あるシステムエンジニア(市場対応力あるソフトエンジニア)の育成を目指しています。

導入研修

入社後数カ月、本社で集合研修を実施します。ビジネススキル(マナー、ロジカルシンキング、コミュニケーションetc…)をワークショップを中心に学ぶとともに、演習を交えたプログラミング講座でコンピュータの基礎、C言語入門、テクニカルライティングなど基本的な技術を学びます。マン・ツー・マンで教育係(教育主任)を配置し、企業人と社会人の両面にわたって指導をします。
導入期間に限らず、定期的に研修の機会を持ち、マン・ツー・マンのフォローアップとを組み合わせて個々の習得状況に合わせた育成に取り組んでいます。

研修期間(入社1年目) 研修期間(入社1年目)

研修後、配属された事業所でいざ実務へ
技術力だけでなく社会人としての振る舞いを心得る

仕事への取り組み方が
社会人としての基礎を作る

武部
配属されてから3年間は教育主任がつきます。聞けばなんでも教えてくれる優しい先輩ですが、今は何事も聞く前に自分で調べるくせをつけるようにしています。質問するときも、どんな風に聞けばスムーズに情報を引き出せるかを考えることで、仕事をする上で必須となる「聞く力」が身についたと思います。お二人は日々の業務で心がけていることはありますか?
山口
私は、頭の中で一度話を整理してから発言することを心がけています。先輩や上司からのアドバイスでこの課題に気付くことができました。未整理なままの上司への報告は社会人として適切ではありません。「分からない」「たぶん」という言葉が出てしまうことになるのは、自分の理解が浅いからです。しっかり整理して不明点を明確にすることが不可欠です。
小川
私は先輩や上司の方にも、疑問に思ったことや改善できると思ったことは積極的に質問や提案をするようにしています。入社して間もないころは分からないことが多く、意見を言えずにいましたが、徐々に知識や経験を積んできているので、今では率先して会議を活発にするように心がけています。生意気にも見えるかもしれませんが、そういう面も成長として受け入れてくれる環境があります。
武部
そういった成長の過程などを見た上で、上司や先輩が適切な仕事を割り振ってくれるので安心ですね。技術者として今まで知らなかった技術を日々学んで、自分にできることが少しずつ増えていくことはとてもうれしいですし、社会人としても成長を実感できるので毎日が充実しています。

活躍のフィールドはさまざま
MCRならではのやりがいのある事業で成長

「社会の役に立っている」と
実感のできる仕事内容です

小川
私はもともと規模の大きい社会システムの開発に興味があり、現在は希望通り上下水道向け監視システムに携わる仕事をしています。いろいろな要素が絡み合って、大規模なシステムがうまく動いたときの感動はひとしおですし、連携する人たちとの信頼関係ができていくこともうれしいですね。皆さんはどんなところに仕事のやりがいを感じますか?
武部
私はもともと組込のシステムエンジニアにあこがれがあって、配属は列車システム分野の事業所になりました。乗客の方からは見えませんが、電車を動かすための肝になるとても重要なシステムにかかわっているので仕事の重みは常に感じています。毎日たくさんの人が利用する乗り物なので、貴重な仕事ができる今の環境に感謝しています。実際の運用が始まるのを今からとても楽しみにしています。
山口
私は車を運転することが大好きで、自動車分野にかかわりたいと思い入社しました。自動緊急ブレーキの開発に携わっていたとき、試作したデモカーに試乗していただいたカーメーカーの方から「この車に乗っていると安心する。このシステムは必要ですね」というコメントをいただいたときは、自分の仕事は誰かの役に立っているのだと実感し、とてもうれしかったです。世界から一つでも事故を減らすシステムを開発することが使命だと思っています。
小川
「ソフトウェア」と聞くとずっと机に向かって、依頼通りにプログラムを打ち続けるイメージがありました。しかし実際はより良いソフトやシステムをつくるために、自分の頭で考えて行動し、周囲を巻き込みながら仕事に臨みます。若手の私にも物事を決めて引っ張っていく機会が頻繁にやってきます。責任は大きいですが、主導権を握るやりがいや、やり遂げたときの達成感は格別です。

さまざまな分野で活躍

  • 発電所だってMCR
  • 電車だってMCR
  • 自動車だってMCR
  • 工場だってMCR
  • 野球場だってMCR

みなさんより少し先輩の
私たちより

MCRの魅力は、社員をとても大切にするところです。研修制度も手厚く、取得したい資格、身につけたい技術に対して、社員へのバックアップは惜しみなく、福利厚生も充実しています。
さらに、各事業所にはクラブや親睦会もあり、社内間の交流も活発です。明るく楽しい職場で、会議室から笑い声が聞こえることもあるほどです。 私たちも入社するまでは、「ソフトウェアってなんか難しそう、私にできるのかな」と不安でした。就職活動中の皆さんの中にも、同じように不安に思っている人がいるはずです。MCRには、業務で困っている社員を、まわりの社員がしっかりバックアップする体制があります。きっと、自分ならではのやりがいが見つかると思います。
「社会になくてはならないような、大きな事業を成功させたい」「チーム一丸となって、新たな技術やビジネスに挑戦したい」そんな責任感・使命感のある方はぜひ一緒に働きましょう!

TOPへ