物流向けの機材管理システムや検品処理をサポートするソフトウェアを提供します。

e!Tracking Lite:“棚卸機能”と“探索機能”に特化して、リーズナブルなRFID機材システム導入モデル!

“e!Tracking Lite”は、UHF帯RFIDを利用した「機材管理システム」の“導入モデル”として位置づけされ、“棚卸機能”と“探索機能”に特化することにより、リーズナブルな価格でシステムをご提供します。

機材管理の問題点

UHF帯RFID機材管理システム(ハンディタイプ)e!Tracking Liteなら・・・

棚卸作業はいつも時間と人手がかかって大変!
RFIDを使った一括読み取りであっという間に簡単棚卸!

UHF帯RFIDの世界標準規格である
EPC global CIG2プロコトルに準拠し互換性に優れる。

棚卸結果を整理するのがめんどくさい!
Excelベースで棚卸データを管理!

Microsoft REXCELをデータ管理ツールとして使用し
簡単にシステム構築が可能。

新しいシステムを導入すると使い方が難しそう!
必要な機能に特化し、簡単操作で棚卸や探索が可能

通常業務に必要な機能をハンディリーダー上に実装し、
簡単操作で作業も楽々。

既存のシステムや他のシステムとも情報を共有したい!
CSVファイルで、他のシステムとの情報共有が簡単、スムーズ

RFIDの読み取り結果はCSVファイル形式として
出力が可能であり、他システムとの連携、拡張性に富む。

システム導入には時間もお金も掛ってなかなか…
エントリーモデルの導入により、低価格でありながら導入効果を実感できる。

大規模システム導入を前に、投資効果を評価する
パイロットシステムとして。

詳しくはこちら


e!Tracking:さらに大規模なシステムに応えるUHF帯RFID機材管理システム

特長“e!Tracking”なら、e!Tracking Liteの機能に加え、さらに次のような特長があります。

「e!Tracking」はシステム規模の拡大、機能追加の必要性に柔軟に
対応するWebベースでの機材管理システムです。

e!Tracking LiteのH/Wを流用し、S/Wの入替により、
システムをグレードアップすることが可能です。

「e!Tracking(Web)」では、「持出/返却」管理機能として
「チェックイン/チェックアウトシステム」や「アラーとゲートシステム」などと連携が可能です。
また、タグの再利用やID書き換え機能も実装可能です。

詳しくはこちら


ページトップへ

MCR関連サイト
ペーパーレスシステムサイトファクトリーオートメーションシステムサイト
FAパソコンサイト