TRAFFIC SYSTEM 交通システム分野
[神戸事業所、長崎事業所、伊丹事業所]

TRAFFIC SYSTEM 交通システム分野
交通機関に求められる正確な運行、安全性の確保、サービスの充実など社会的ニーズに応えています。

列車運行管理システム

列車運行管理システムは、列車の運行を集中して監視し、駅構内の信号機を制御するシステムです。また事故などで運転が乱れた時のダイヤ変更も支援します。
視認性・操作性の優れたユーザインタフェースにより、運行状況の的確な把握と迅速・確実な列車運転指令業務を実現しています。オープンプラットホームを用いているので、高い拡張性も備えています。
当社では要件定義から現地試験までの幅広い範囲に対応してシステムを開発し、お客様の期待に応えています。

運行管理システム

車両基地管理システム

車両基地管理システムは、車両基地での車両検査、車両の移動と入出庫、車両の履歴を管理し、車両の検査・修繕業務を始めとする車両基地でのさまざまな業務を支援します。また構内設備・番線の使用状況や、作業員の勤務予定などの基地内情報を考慮した構内作業計画も作成します。鉄道事業者によって異なるさまざまな要望に応え、最適な車両基地システムを提供します。
当社はソフトウェアの開発を担当しています。

構内作業計画画面

旅客案内・ステーションビジョンシステム

旅客案内・ステーションビジョンシステムは、列車の運行状況や各駅の列車の接近情報・停車案内・出発案内などを、案内表示器や放送で乗客に提供するシステムです。動画や静止画、文字情報を自由に組み合わせることができ、情報を分かりやすく提供します。またステーションビジョンでは、列車情報の合間に広告などの付加情報も表示します。当社はこれらシステムのソフトウェアを開発しています。

旅客案内(LCD)

沿線防災システム

列車の沿線で大雨や台風などの気象災害が発生した時は、列車の徐行や運転休止などの運転規制や規制解除が必要になります。沿線防災システムは、このために必要な雨量・風速・地震などの気象情報や、橋桁下の水位、鉄道レールの温度を始め、現場設備の状況などのさまざなデータを収集・統合し、利用しやすい形で管理します。安全・安心の輸送を行う上で重要なシステムです。当社はソフトウェアの開発を担当しています。

列車統合管理システム TCMS(Train Control and Monitoring System)

列車統合管理システムは、車両システムの核となって車両システムの最適列車制御を実現しています。
さらに、地車間ネットワークにより列車統合管理システムと地上システムが連携し、より高効率な列車運用に貢献していきます。当社では、列車統合管理システムのソフトウェア開発の設計、製作、試験を実施しており、車上機器の状態監視、診断、編成全体制御の実現できるシステム構築を行っています。

列車統合管理システム(TCMS)

トレインビジョンシステム TVS(Train Vision System)

トレインビジョンシステムは、鉄道車両内のドア上やドア横、天井吊りに設置された複数のディスプレイを通して、行先・路線図・駅設備・運行情報などの旅客案内や、広告・ニュース・天気予報などの膨大な情報を、乗客により早くサービスを提供するシステムである。当社では、トレインビジョンシステムのソフトウェア開発の設計、製作、試験を実施しております。また、わかりやすさを追求した画面表示コンテンツの作成も実施しております。

15インチ(XGA)液晶ディスプレイ
19インチ(SXGA)液晶ディスプレイ

列車走行制御システム
(Propulsion Control Systems)

列車走行制御システム分野では、鉄道車両での安全で快適な走行を実現するために、インバータ制御による交流誘電動機制御を駆使し、性能向上、省エネルギー、メンテナンスフリーといった要求に応えています。製品はシステムの核となるIPMやパワーユニット、ゲート制御ユニットから構成されます。マイクロエレクトロニクス制御の要となるハードウェアとソフトウェアを統合する設計製造体制にてゆるぎない品質を実現します。
製品開発では、ブロック線図を主体とした鉄道車両向け制御モデルの設計からプログラム実装、テストに至るまでの組込みソフトウェア開発に取り組んでいます。
※IPM(Intelligent Power Module)

補助電源装置(Auxiliary Power Supply Systems)

鉄道車両用の補助電源装置は、列車内の照明や空調をはじめ、車両に搭載される機器へさまざまな容量、出力に応じた電力の供給を実現しています。またフルデジタル高速瞬時波形制御や並列同期運転制御など、一歩先を行く最新機能も数多く搭載されています。
さらに駅舎補助電源装置(S-EIV®)では、鉄道車両がブレーキをかけた時に発生する回生エネルギーの余剰電力を駅舎内の照明や空調・エレベーター等へ供給し、駅舎全体としての省エネ化に貢献します。製品開発では、ブロック線図を主体とした鉄道車両向け制御モデルの設計からプログラム実装、テストに至るまでの組込みソフトウェア開発に取り組んでいます。

「駅舎補助電源装置」設置状況
補助電源装置

列車空調制御装置

鉄道車両用空調装置は三菱電機の主要製品です。
車両における居住性・サービス性の向上を目指し、ニーズに応じた最適な空調システムを提供しています。当社では、鉄道車両用空調装置の制御を行うソフトウェア開発を担当しています。ドアの開閉・乗客の変動・走行中の外部環境の変化などの要因に対し、車内が快適になるよう、温度の調節や換気といった空調制御をマイコンソフトウェアにて行っています。

東日本旅客鉄道E233系

駅設備監視制御システム

駅設備監視制御システムは、地上・地下鉄の駅や隧道内の空調、換気、照明、昇降機などを監視・制御します。設備を集中管理することにより各設備を負荷に応じた運転及びあらかじめ登録されたスケジュールにより運転を行うことで省力化を図ります。また、火災発生時の排煙制御や防災設備の管理を行い、駅の安全性・快適性を確保します。駅設備監視制御システム以外にも駅構内のホームドア制御システムやレールの消雪システムを担当しています。

東北新幹線消雪設備
ページトップに戻る