INDUSTRY・FA SYSTEM 産業・FAシステム分野
[トータルソリューション事業所、名古屋事業所、長崎事業所]

INDUSTRY・FA SYSTEM 産業・FAシステム分野
鉄鋼・自動車・食品などの製造工場に対して、制御システム・生産管理システムにより最適なソリューションを提供します。

機械加工・組立ライン向け生産管理システム、トレーサビリティシステム

自動車や電気・電子、素材などの各種製造業を対象にした、生産管理システムやトレーサビリティシステムにおいて、IoTを活用した最適なソリューションを提供します。

鉄鋼プラント向け制御システム

自動車をはじめとした様々な産業製品に用いられる素材である鉄鋼製品を製造する製鉄プラントには、生産管理や素材ごとの制御パラメータを算出する計算機や、プラントを直接駆動し高品質な製品の製造を制御するPLCなど、高度なコンピュータ制御システムが導入されています。トータルソリューション事業所では、熱間・冷間圧延、鋼板の熱処理・表面処理、などの各種鉄鋼制御システムの、プラント計画から現地調整までの一貫したソフトウェア開発業務を行っています。

熱間圧延工程

熱間圧延工程は、加熱された鉄・ステンレス・アルミのスラブ(鋼片)を圧延機で圧延し、厚さ1㎜~10㎜の熱延コイルに仕上げる設備です。
熱延コイルはそのまま出荷されたり、次工程へ送られ冷延・メッキ鋼板や鋼管に加工され、自動車や鉄道車両、家庭電気製品などさまざまなところで使われています。

厚板圧延工程

厚板圧延工程は、加熱されたスラブ(鋼片)を圧延機で圧延し、厚さ10㎜~100㎜の厚板鋼材を製造する設備です。それら厚板鋼材は船舶、橋梁、産業機械、海洋構造物などに使われ、それぞれに高い鋼材精度、強度信頼性が要求されます。

プロセスライン工程

プロセスライン工程は、熱間圧延工程や冷間圧延工程で製造されたコイルを最終製品に仕上げるために、酸洗・焼純・めっき・塗装・切断などを行う設備の総称です。

FA制御機器ハードウェア・ソフトウェア開発

三菱電機の主力FA製品であるシーケンサや表示器のハードウェアやソフトウェアを開発しています。

  • シーケンサ: MELSEC iQ-RやiQ-Fなどの最新シーケンサの開発
  • 安全シーケンサ: 機能安全を実現する安全シーケンサの開発
  • 表示器: 小型で高性能な表示器の開発
  • エンジニアリングソフトウェア: 操作性、生産性に優れたエンジニアリングツールの開発
シーケンサ
安全シーケンサ
表示器
エンジニアリングソフトウェア

パワーエレクトロニクスシステム

電力・交通・製造・情報・医療などの社会インフラにおける様々な装置・システムの安定稼働や、循環型社会における再生可能エネルギーの創出には、大容量の半導体(パワーデバイス)を用いて交直流の電力を自由自在に変換するパワーエレクトロニクス技術が必要不可欠です。トータルソリューション事業所では無停電電源装置(UPS)、各種電力変換装置、太陽光発電や蓄電池用のパワーコンディショナーといった、パワーエレクトロニクス製品およびその保守・管理システムのソフトウェア開発を行っています。

FAパッケージソフトウェア開発

三菱電機製シーケンサMELSECに対応したパッケージソフトウェアや監視制御システムソフトウェアをご提供します。

製品紹介ページへ

食料品製造設備監視制御システム

食料品製造設備監視制御システムとは、飲料品や製粉などの食料品製造設備の自動化および監視・制御を行うものです。システムを構成する装置として、制御装置は三菱電機製シーケンサ、監視装置は市販パソコンを使用しています。当社は本システムの監視・制御に関するアプリケーションソフトウェアの開発を担当しています。食料品製造業界では、多様化する消費者ニーズに応えるためにタイムリーに新商品開発・市場投入を行うと共に、安心・安全かつ安定した製造が不可欠です。そのため、当社では、製造設備の監視・制御を簡単かつフレキシブルに行えるシステム開発を心掛けています。

ページトップに戻る