AUTOMOTIVE EQUIPMENT 自動車機器分野
[姫路事業所、三田事業所]

AUTOMOTIVE EQUIPMENT 自動車機器分野
エンジン・トランスミッション・シャーシなどの電子制御用車載コンピュータ装置の開発やカーオーディオ、カーナビゲーションシステムなど、快適で安全なドライブ環境を実現するカーエレクトロニクス製品のソフトウェア開発に取り組んでいます。国内/海外のカーメーカーの案件が有ります。

車載インフォテイメント(カーマルチメディア製品)

三菱カーナビゲーションシステムは、高速レスポンス、高音質を再現できるDIATONE SOUND、洗練された画質やデザインなどを特徴とし、毎年進化させた製品を市場に届けています。最近では、視認性が高いメーターバイザー上に設置するヘッドアップディスプレイがオプション設定され、より安全で安心なドライブをサポートできるようになりました。その他にも三菱電機は国内外のOEM向けに、オーディオナビ一体機やオーディオ単体機、リアAVシステムなど各種製品を供給しており、当社はこれらの製品に搭載されているマイコンの組込みソフトウェアを担当しています。

パワートレイン制御システム

パワートレイン制御システムは、エンジンの力を効率的に引き出し、燃料消費量を低減するとともに、排気ガスをよりきれいにするためのものです。当社の開発の特徴としては、三菱電機と連携し、安全と品質にこだわったシステム設計とシステム検証に注力しており、ソフトウェア設計だけでなく、システム設計の一部も担っています。

電動化関連製品

電動化システムは低炭素社会の構築に貢献する車載技術となります。
EVコントロールユニットは電気自動車の車両制御、モータコントロールユニットは電気自動車の駆動用モータを制御し、その一部であるインバータは直流を交流に電力変換して、ハイブリッド車や電気自動車等に搭載される三相モータを制御します。バッテリマネージメントユニットは電動化システムが効率よく作動するためにバッテリを管理します。車載充電器は商用電源(100V/200V)を昇圧し、電気自動車の高圧バッテリを充電します。
また、電動パワーステアリングは、ドライバーのハンドル操舵トルクに応じて、電流制御でモータの駆動トルクを制御し運転状況に合わせてハンドリングをアシストするシステムです。必要なときだけ電力を使用するため油圧式パワーステアリングシステムに比べ省燃費が実現します。
私たちはこれらの電動化システム開発を通じて持続的に発展する社会づくりに貢献しています。

先進運転支援システム

予防安全技術の進化によって実現される自動運転技術は、その安全性を確保するために自律型システムとインフラ協調型システムの両者による冗長型システムが必要と考えられます。三菱電機グループは、自動車個々に装着される検出&作動デバイスや制御機器(ECU)から、交通システムの一部である道路側機器や、高精度測位情報を提供する準天頂衛星まで幅広く対応しております。

MCRでは主に以下の範囲に取り組んでおります。
1.車両周辺環境の認知・判断機能を構成するセンシングデバイスの検出性向上技術(センサフュージョン技術)の開発&評価、及び評価技術の開発
2.高精度車両制御技術の開発&評価

車両システム開発ツール

自動車に搭載される電子制御システム(エンジン、電動パワーステアリング、電動化、予防安全等)を製造する電機メーカーや自動車メーカーで使用いただく「車両システム開発ツール」を開発しています。具体的には、お客様の設計/実験/生産/サービス部門向けに、ソフトウェアを効率よく製作する開発支援ツール、品質評価をする実験評価試験装置、機能検査をする生産用の出荷検査設備、自動車の故障解析をする故障診断ツールなどがあり、幅広くお客様に提供しています。
車両システム開発ツールに搭載されるソフトウェアは、要求分析・設計・コーディング・レビュー・試験のプロセスに沿って開発しており、信頼性の高い製品づくりに取り組んでいます。

ページトップに戻る